【第二百十六話】
れは別に‘不思議’などではなく、当然のこととも言えます。 ‘触れ方’が細胞の動き方に根本的な影響をもたらすのは、むしろ人間では、普通の、 それこそ標準的なことだからです。 それが頭皮という、皮フからすれば特殊な構造をとっているから、 現象として一層典型的に現れるにすぎない、ということなのです。 頭蓋骨の上に乗っている頭皮は‘触れ方’の作用が(容赦なく、というか) 例えば頬の肉を触ってみて下さい。

     この部分、人によって柔らかさは違いますが、つまむことができるような