人間にとってストレスとは、

不可避なものといえそうだ。

ストレスの全くない人というのも、

無いということ自体が逆に弊害となるようだ。

ストレスを媒介にして、

より一層自らを向上させる機会にしようと

思えるような場合もあれば、

自殺やうつ、の原因になりかねない、

ダメージ力のあるストレスもある。

消化できるものもあれば

消化できないものもある・・・

といいかえても良いのかもしれない。

消化できないストレスの場合、

これは必ず健康面で必ず一定の
弊害をもたらしているのではないか。

頭皮にもそれは顕著にやって来る。

思った以上にストレートにやって来る、

と考えて良い。
続きは・・・明日へ