恐ろしいことですが、
皮フは毎日老化しつづけています。

一日たりとも休むことなく、
終わりの日、滅亡の日へと、
まっしぐらに突き進んでいるのです。

細胞にはどれも寿命があり、
その分裂の回数も有限だから、仕方ありません。

時計の針は逆もどりできません。
だからこそ、正しく触れてあげて
出来
時計の針が進んでも老化を遅らせること。
これは実証済みです。
それが毎日のケアということなのだ。
毎日のケアだけが老化を遅らせることができる。

何故か。
それは体質を変えるからです。
ゆっくり老化していくことのできる体質に
チェンジが可能だということです。

毎日欠かさず正しいケアをしていくことがその秘訣。

これを‘習慣’
つまり‘ゆっくり老化’とも言えること。
シャンプーだって‘ゆっくり老化’に
とても役立つのです。