ストレスによって
頭皮は堅くなる。


これは或る程度、
原理として
いえるように思います。

何がそうさせるのか。

筋繊維の緊張、
神経~自律神経の作用~交感神経、
脳活動による頭蓋骨の膨張、
脳波による影響、
様々なメカニズムが働くとは
思いますが、少なくとも、
頭皮は弛緩より緊張の方向に
‘ストレス’は
向かわせているようです。
緊張(断続して起きる)は
組織の硬化させる方向に
働くと思われます。
従って、
精神上の原因が
身体上の構造を変化させて
いくということになるのです。
つまり、
頭皮体質が
精神上の要因に
よって決定づけられて
いくということです。
以前にも述べたように、
頭皮は自らの意志で
動かすことはできませんから、
ゆるめる 
緊縛化した組織を
丁度手足を
ブラブラ運動させるように、
弛緩させることはできません。
ここに問題があるのです。
つまり、
精神上の原因で
頭皮体質は硬化する方へは
傾きやすいが、
逆にゆるめる方向には
傾きにくいのだ、
ということです。
ストレスの多い現代人は
放っておくと、
頭皮はどんどん硬くなって
ゆくという基本的な
傾向を持っている、
ということです。

人気ブログランキング