「ナニ、このくらい」
という楽観視する傾向の
ことは昨日お話ししました。
これは頭皮の堅さ、
にも言えることなのです。
よほど変った趣向の方でないと、
大抵の場合、
他人の頭皮など触ることはないかもしれませんね。
(ただ世の奥様方は、
結構ご主人様の頭皮によく触れられているようですがー)
従って自分の頭皮に堅いも軟いも
あるもんじゃないだろう。
と広言される方すら世の中には
とても大勢いらっしゃるだろうと思います。
それゆえ最もお手入れの必要は「予防」の
最重要期を殆どの方がスルーされてしまうわけです。
これって本当にコワイ(恐い)ことです。
でも、その恐い時期こそ、
最も大切な「時」だったのです。
もう恐い話は大概にしてくれ、
といつも思います。
恐い話のあとはかわいそうな話になって・・・など、
思いたくないですね。
「少しでも早めに手を挙げて下さい」と思います。