ohbascalpronのblog

2015年01月

疲れると頭皮というのは、
重力によってそのまま
垂れ下がってくるようです。
疲れなくたって
垂れ下がるだろう。
重力なのだから
 。
という突っ込みが入りそうですが、
これが
どうも疲労度によって
下がり方が異なるように
思われるのです。
やはり
これは組織の弾性、
組織内部の水分含有量や
代謝力の強弱とも、
関わっているように思います。
従って、
頭皮は頭頂に行くほど、
層は薄く、
平べったくなってくる。
これが老化によって
固定されていく。
という過程を
辿るのではないだろうか・・・

私は施術者として、
実感としてそう感じています。
従って
anti aging としては、
この薄く平べったくなってしまった、
~いわば「層」と
して欠落してしまっている頭皮の
厚みを戻す、という試みがとても
単純ですが、
理に適っているのです。
何故なら生きた組織で
あればそれは必ずしも
不可能ではないからです。

これを施術者の
経験として実感を
持ってそう考えています。

人気ブログランキング

最近
頭皮のことが美容、
健康との関連で
注目される記事を
多く見ます。
何でもかんでも
頭皮がポイント、
というような書き方も
見かけるが、
さすがにここまでは
チョットと思えるものも
あったりする。
お医者さんは何かというと
‘エビデンス’と口にするが、
やはり或る程度実際の例を
化学的に検証する、
という姿勢を記事で掲載する側も
読む側も持つべきでは
なかろうかと思う。
とにかく
頭皮を刺激すれば何とかなる、
というようになると、
頭皮はすぐに荒れてしまい
困ったことになるからです。

人気ブログランキング

解剖図を見ると、
血管というのは
末端に行くほど
枝分かれして、
細かく細かくなって
ゆくのが分かります。
鉄道解剖図を見ると、
血管というのは末端に行くほど
枝分かれして、
細かく細かくなって
ゆくのが分かります。
鉄道で幹線と支線と
いうのがありますが、
正しくその通りで、
頭のてっぺんなどは、
本当に細かい血管、
神経、リンパ、が山の頂きを
這い寄っていくかの
ような状態です。
なかでも頭皮というのは
腱膜というシート状の膜が
ピターッと張りついた上
に乗っかっているので、
血管(液)リンパ(液)などは
過酷な環境の中を踏みこえて
いくさまが見られます。
同じ‘末端’でも、
手や足のように自由度が全く無く、
しかも通りにくい上「管」
そのものも細かいし、
おまけに重力に逆らって
進むわけですから大変です。
二重、三重のハードルの中を
進んでゆく血流やリンパ、
神経は思わず、本当に‘ごくろうさん’と
言いたくなるほど。
この厳しい条件の中、
老化が進めば一気に
組織の衰えが進むのも
納得というもの。
逆に言えばこの厳しい条件を
少しでも緩和してあげれば、
大いに組織は喜ぶはずです。
少しの緩和でも大いなる
成果が出てくるのも、
肯けるではありませんか。

納得というもの。
逆に言えばこの厳しい条件を少しでも
緩和してあげれば、大いに組織は喜ぶはずです。
少しの緩和でも大いなる成果が出てくるのも、
肯けるではありませんか。

で幹線と支線というのが
ありますが、
その通りで、
頭のてっぺんなどは、
本当に細かい血管、神経、リンパ、
が山の頂きを這い寄っていくかのような状態です。
なかでも頭皮というのは
腱膜というシート状の膜が
ピターッと張りついた上に
乗っかっているので、
血管(液)リンパ(液)などは
過酷な環境の中を踏みこえていくさまが見られます。
同じ‘末端’でも、手や足のように自由が度が全く無く、
しかも通りにくい上「管」そのものも細かいし、
おまけに重力に逆らって進むわけですから大変です。
二重、三重のハードルの中を進んでゆく血流やリンパ、
神経は思わず、本当に‘ごくろうさん’と
言いたくなるほど。
この厳しい条件の中、
老化が進めば一気に組織の衰えが進むのも

人気ブログランキング

人間の身体は
すべてつながっている。
どれ一つとて
独立した器官は
ないのです。
ですから
一部分の不調は
やがて全体の不調、
または他の一部分の
不調を活発し、
一部分の病からの回復は
全体が快調になってゆく
プロセスにつながります。
ですからその意味では、
頭皮はその不動性は
他に類をみない
部位でもあるので、
好不調が最も端的に
現れやすい場所でも
あるのです。
外見だけでは
分かりにくくても、
スコープで
細に観察すれば、
身体の好不調も
歴然ですし、
逆に頭皮が快調に
なれば身体も爽快に
なるのです。
これまた当り前のことを
言ってしまいました。

人気ブログランキング

↑このページのトップヘ