ohbascalpronのblog

2015年02月

最近、
シャンプーでは頭皮を洗う、
ということが常識のように
言われるようですが、
私はウームと思っているのです。
確かに頭皮を洗うということは
間違ってはいないのですが、
もう一歩進めて、
洗うというより、
頭皮の疲れをとり、
いたわって下さい。
とむしろ言いたいのです。
もっと言うと、
よく疲れをほぐしてあげて下さい・・・
という感じです。
そうすると勿論「洗う」ことも
含まれますし、
その言葉の中には頭皮からすると、
より健康な良い状態になっていくと
思うのです。
そう 
頭皮の疲れは頭、
心、
の疲れなのです。
頭皮は放っておくと疲れた状態のまま、
また次の日も疲れを溜めていきます
。息を抜くヒマもないのですね。
ゆとりといたわりを与えてあげて欲しいのです。

「髪質の変化」と
いうものに関心を持ってみよう。
身体というのは毎日変化している。
その変化に従って、
作られる代謝の賜りの一つが髪。
だから、
髪の質も少しずつ変化している。
その変化が積み重ねられていくと、
外見からでも分かってくるようになる。
ところが毎日の変化が余りに
少しずつなので、
自分では案外分かりにくいもの。
ここに落とし穴がある。
毛質の変化もそうした変化の一つ。
だから
関心(・・)()持って(・・・)、髪に触ってみよう。
そうすれば、
いくら毎日の少しずつの変化でも感じとれる。
少なくとも良くなっているか・・・
衰えているか・・・
くらいは。

何か新しい、
身体や心に良い、と
思い始めたことは、必ず髪にも出る。
関心を持ってみよう。毛質が良くなっている。
と少しでも感じたら、
身体や心にも良いことなのだ。
そう。
髪はバロメーターなのだ。

 

健康は、毎日の少しの細胞への優しさで
違ってくることを実感する毎日。
触れる ただ そのことを
本当に大切にするだけで
身体は元気になります。
細胞もいきいき生まれ変わると
心も元気に・・・
その結果 元気な髪が育つのです。
触れ方って大切です。
ぜひ ゼログラムの触れ方を
実践してみてください。
人気ブログランキング

来週は.3月!
寒暖の差がまだあるこの時期
お顔の肌は、ゆらぎ肌になり
トラブルで悩む人も
多くなる季節です。
頭皮も汗と皮脂のバランスも
崩れやすくなりますが
鏡で見ることがしずらいため
自分の状態を知ることが
出来にくい所です。
毎朝、ヘアをセットする時の立ちあがり
でテェックしてみて下さいね。
ふわっと立ちあがればOK
です。

↑このページのトップヘ