ohbascalpronのblog

2019年04月

※PC版での閲覧をお勧めします
【第六十九話】
マッサージをすれば、触れているので同じ結果になるのでは
ないでしょうか?とさらなる問につながりますが・・・
逆に触れ方によっては、組織を硬くしてしまうことも
あるのです。
例えば、擦りすぎると皮膚が黒く硬くなってしまった方も
いるのでは?
強く押しすぎたり、擦りすぎは、組織を硬くしてしまうのです。

※PC版での閲覧をお勧めします
【第七十二話】
触れるのに、触れ方があるのって???
思う方もいらっしゃると思いますが・・・
触れるには、触れ方が大切なのです。
①  触れ方は、触れる直前で寸止めして指の腹から触れる。
②  触れたらすぐに動かさないで、少し待つ。
③  少し待って、密着してから動かし始める。

こうすると・・・擦ることなく、肌や頭皮に刺激を与えずに
触れることが出来ます。
ゼログラムの法則です。

※PC版での閲覧をお勧めします
【第六十八話】
これに対する答えは、ズバリ「健康に良いから」です。
そして、何故健康に良いのですか?という問いかけには、
触れ方を変えることで、組織を無理なく柔軟にする
からなのです。となります。
何故柔軟にすることが健康に良いのですか?
何故柔軟になるのですか?
さらに、二通りの問いに分かれます。
答えは・・・正しく触れると血流が良くなり、
血流が良くなると、健康につながるからです。

※PC版での閲覧をお勧めします
【第六十七話】
本当に不思議なことが、数え切れないほどの経験を経て、
私は、先に述べたような人間本来の力を身体で知ることとなりました。
 このような不思議な力は、どんな人のどんな状態の時も、
その人の身体の内のどこかに眠っているように思います。
 素晴らしいことだと思います。
でもそのようなことは、分かっているようで分かっていない、
知っているようで、知らない、信じているようで、信じない・・・
これもまた人間の不思議なところです。

※PC版での閲覧をお勧めします
【第六十六話】
人には自分をよくする力が備わっていると思います。
自己治癒力とか言われたりしますが、
どんな人にもあるようです。
頭皮ケアの施術をしていると、分かる事なのですが・・・
或る一点 この点をうまくクリアすれば・・・というトリガーポイント
のような箇所が必ずあります。
 そしてそこを上手く超えると、後は勝手にというか、
まるで、私の手や指が頭皮の中の組織に誘導されるようによい状態に
移行して行きます。
 本当に不思議なものです。
そして、よくなった等の本人であるお客様は、何というのでしょうか?
それこそ、何事も無かったかのようにスッキリした表情で、
眠りから覚め「いゃー本当に気持ち良かったです。」となり、
顔に血色と艶・・・そして・・・髪にボリュームが出るのです。

↑このページのトップヘ