ohbascalpronのblog

2020年02月

【第百五十七話】
自分で言うのは、何となく気が引けるが、今のところ誰も言ってくれないので、 自己宣伝します。0技というのは私が発見したのですが、これは是非受けて貰いたいもの の一つです。自分だったら‘飯よりも先に’’受けたい技術だ。
人間に対する技として、これは今後の世界基準でベーシックになることは間違いない、 と思うのです。とにかく圧倒的に‘効く’のだ。もう一度言います。
ゼロの力で触れるということの、絶対的パワー。この理論、理屈はあとで充分分かります。 とにかく一度試してみてほしい!

【第百五十六話】
頭皮はまさしく千差万別。百人百様です。
でも、理想型というのは万人共通にあるのです。それが柔らかさ、厚み、弾力の三拍子がそろった頭皮です。その三要素がすべてそろっていると、血流がよく循環し、組織が活発であることを表わします。この状態こそセルレーションによって実現できるのです。
マッサージでは残念ながらです。
答えは‘細胞’が少しずつ無理なく動くことによって「組織の質」を変えるからです。質とは、体質のことです。

【第百五十五話】
成人女性の頭皮は60%が荒れているという某メーカーの社長。
これは確かに言えている。実感ではもっと。という感じもあります。何故それほど・・ と思われるでしょう。でも当然でもあります。荒れているとはどういうことを言うのか。 を知らない人が殆どだからです。
乾燥と敏感肌、そしてその結果としてみられる毛の太さのパサつきや立ち上がりの弱さ 原因はもちろん一つ二つに特定できません。ただいえることは、 頭皮のデリケートさを知らないこと。これは少し根が深いです。

【第百五十四話】
手をあてていると、とにかく、毛穴という毛穴が喜んでくれる。
だから終わったあとの爽快感といったら、本当に身体が軽くなった感じで、 疲れも吹っ飛ぶ、のである。
普通の人は気づかないかもしれないが、実は頭蓋骨というのは動いているのだ。
従って頭皮もそれにつれて微妙だが、動く。顔の表情はよく動くから、それにつれて頭皮もわずかだが動く。つまり、脳や心が絶えまなく活動していれば、頭皮もそれによって動かされているのだ。一日ちゃんと働いているわけだから、一日に一回くらいは労をねぎらってあげて欲しいのだ。だから毎日。 他にもいろいろな理由があるが、一番大きいのはそれだ。やはり毎日洗ってほしいね。

【第百五十三話】
シャンプーは毎日やったほうが良いのですか?とはよく聞かれることです。
まあそれほど堅苦しく考えなくても良いが、できれば毎日の方が良いですね・・・と 私は答えることにしています。
私はシャンプーが大好きなのだ。お風呂というのも一日のうちで好きなのだが、 何よりもシャンプーが大好きだ。
洗っていると、毛穴がもっとこっちも洗ってくれ、ここもだ、そこそこ、と言っているよう な気がして。

↑このページのトップヘ