ohbascalpronのblog

カテゴリ: 日々のこと

※パソコンからの閲覧をお勧めします
【第六話】

一言で言うと頭皮を柔らかくするためには、いくら揉んでも意味はないのです。毛孔は表皮で開口していますが、その奥は皮下脂肪=組織の中にあります。よって皮下組織がしっかりと柔らかさを保つようになることが、柔らかさの秘訣なのです。だから皮下組織も真皮も、すべて柔らかくする。層全体が柔らかくならなければなりません。これが意外に難しい。少しマッサージをしたところで、もともと硬い皮フはすぐに戻ります。それどころか少しでも荒っぽくやると、すぐに炎症してしまい、元も子もなくなる、なかなか難儀なものなのです。

※パソコンからの閲覧をお勧めします
【第五話】

頭皮が硬いと何が起きるか。

人間も硬くなってくる。攻撃的になるからだ。否定表現が強くなり、俺が、自分が、私が・・・とやたら自己主張が強くなり、他者を受け入れにくくなるようだ。偏見ではなく、事実としてそうなる。恐らくはやがて科学がそのエビデンスを裏づける日が来るだろう。男も女もそのようです。

次にやはり毛が細くなってくる。額や顔が妙にギラついてきて丸みや、円やかさが欠けてくる。そのような生き方が好まれる場合もあるし、そうなりたい人も居るであろう。髪はそのような人間の角ばった側面を柔らかく包んでくれる要素を持っている。人の優しさの証しのようなものだ。


↑このページのトップヘ